プロミス審査に通らないときに考えられる理由

プロミス借り方は、申し込みをした後に審査を受ける事になっています。
そこではその人に融資しても良いかどうかを判断し、その結果融資しても良いと判断された人が審査に通る事が出来ます。
しかし、全ての人が審査に通るわけではなく、中には通らない人もいます。

プロミスでは20歳以上で安定した収入がある人を融資対象者としています。
ただ実際には仕事に就いていれば必ずしも安定した収入があると言う証明になるわけでは有りません。
たとえば今の職場に就職・転職したばかりの人の場合はまだ安定した収入があるという証明にはなりません。
もしかしたらその後収入が減ってしまう可能性もあり、さらに他の職場にすぐに変わってしまう可能性もあるからです。
したがって、半年以上同じ職場で働いていないと、審査に通らないという事は十分あり得ます。

もう一つは他社借入件数が多いという事です。
日本国内にはプロミス以外にも金融機関は存在しており、そこから融資を受ける事も出来るようになっています。
自分の返済能力の範囲内での借入にしておけば、何社から借りたとしても問題は有りません。
しかし沢山の所から融資を受けているという事は、それだけお金に困っている状態だという事、さらに返済が難しい状態に陥っている可能性もあります。
そのためプロミスでは貸し倒れリスクが高い人と判断する為、審査に通らない場合が出て来ます。
ただこれらに関してはプロミスだけではなく、他の金融機関でも同様に言える事です。